明本歯科医院

インプラント

インプラントとは

インプラント
歯を失ってしまった場合、顎の骨の中にネジの様な人工の歯根を入れ、その歯根の上に人工の歯を作り装着します。人工の歯根はチタンで出来ているので安全です。歯の最も重要な役割は噛む事です。奥歯は食べ物を噛み砕きすりつぶす機能を持っていますし、前歯は食べ物を切り裂く機能はもちろん発音機能や審美的な要素も含まれます。しかし、虫歯や歯周病、不幸な事故により歯を失ってしまう場合、歯というものは、たった1本の歯を失うだけでも機能と審美が崩れ、身体全体のバランスにも悪影響を及ぼします。そのため、できるだけ早くその失った部分を人工の歯で補っておくことが重要です。人が物を噛むときの力は、想像以上に強いものですが、顎の骨に埋め込むことで、天然歯と同じように噛む機能を改善し、強く噛むことも可能です。また上部構造の歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。

インプラントの特徴

インプラントのメリット
インプラントのメリット
  • 自分の歯と同じように硬いものを食べたり、力強く歯をくいしばることができる
  • 審美性が高く、自分の歯のように自然で美しく仕上げることができる
  • 装着後の違和感や外れてしまう心配がない
  • 歯を失った箇所は顎の骨が自然に減ることがあるが、インプラントは直接顎の骨に埋め込むので咀嚼の刺激が顎の骨に伝わるので衰退を防止することができる
  • 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができる
インプラントのデメリット
インプラントのデメリット
  • ブリッジに比べると治療時間が長期間かかる
  • 手術になるので、比較的費用がかかる
  • 家庭での適切なブラッシングや医院での定期メンテナンスが必要になる(通常少なくても、半年に一回のメンテナンスが必要)